人気ブログランキング |

今後の目標

f0378530_11105922.jpg

ただのつぶやきに過ぎなかったけれど、始めた頃から、このブログはずっと拠り所でした。
ブログ上での交流が目的で始めた訳ではないので、内容はずっと独りよがりです。笑

今後、今より活力を取り戻していけたら、自然とブログの内容も安定していくことに期待。
写真に関しては、より自分らしい視点で撮れるようになっていくことが目標なのですが!

"秋から写真クラスに復帰しようかな"とも思っていましたが、見送ることにしました。
独学の拙い写真でも載せる場がなくなるのは残念なので、のんびり更新していく予定です。

厳しい暑さが続いていますね。どうぞ体調管理に気をつけてお過ごしくださいませ*˙︶˙*)ノ"

# by nonohana69 | 2019-08-19 09:00 | 2019年 | Comments(0)

自分軸に関する覚書

f0378530_11313394.jpg


自分の中心にしっかりと立っている時は、
自分の在り方を自分で信じられる時。

自分の在り方を信じている時は、
エネルギーを消耗するような幻想、
不安や恐れとは隔たっている。

少しくらい気分を害したり落ち込んでも、
引きずらずにさらりと回復できる。

まるで台風の目のような、
心の内側の"平安"に繋がっているのだ。

特別な計画や非日常を体験しなくても、
日常の家事、他愛のない会話、
仕事、好きなことをする時間、
これらに豊かさを感じられるから
心が満たされて幸せに過ごせる。

今を最大限に生きている時は
"愛"に近づいているから、
自分以外の存在に対しても
大らかで優しくいられるし、
感謝も自然と湧いてくる。

反対に、自分の中心がグラグラしていると、
自分の在り方を選択する力が弱まる。

自分で選択して行動する力が弱まると、
自分を見失い、
他人に振り回されやすくなる。

その結果、
必要以上に傷ついたり、
次第に心も身体も萎縮してしまう。

心も身体も萎縮してしまうと、
今この瞬間を最大限に生きられなくなる。

現実逃避から得られる幸福感は束の間、
現実は何も変わらず
誰かへの不満や何かへの不安が増していく。

きっと、自分を中心に戻す方法は十人十色、
人それぞれに合った方法が在るだろう。

散歩や旅行で非日常を体験することは、
そのわかりやすい方法の一つだ。

他に効果が期待できる方法は、
できる範囲で身体を動かし、
自分の感情ともしっかり向き合うことだ。

人間の本質は成長を望んでいるし、
誰もが人生を幸せに生きたいと願っている。

ここでの"幸せ"とは、
権力や羨望を得るための幸せではなく、
「魂の望む生き方」だ。

ここでの"魂"とは、
得体の知れない話ではなく、
「 魂=愛、自分の本質」のことだ。

人が人生で孤独を感じたり
挫折や身動きが取れずに苦しむ時、
楽しみや幸せはみるみる遠ざかり、
やがて隣の芝生が青く見えてくる。

「どうして自分だけが、
辛い目に合わなきゃならないの?」

本当は、人に言わないだけで、
辛い経験をしているのは
決して自分独りではなかったりする。

それも頭ではわかっているけれど…、
現実に打ちのめされてしまい、
気持ちが追いつかない。

「どうしたら、この迷路から抜け出せるの?」

苦しみの原因は、
決して自分の弱さや未熟さだけではない。

むしろ"生きる強さがある"からこそ、
人は悩んだりもがいたりするし、
未熟であるからこそ、
成長の可能性があるのだ。

魂の望む生き方を見失い迷うほど、
自分の闇と向き合い続けるのは孤独で、
苦しみには本当に果てがない。

諦めないで乗り越えていけたなら、
いつの間にか不可能を超えて、
胆力がつき、人として魅力が増すだろう。

自分の弱点や欠点を自覚することから、
現状を変える「向上心」が生まれる。

「自分を知る」ということは、
自分らしく堂々と生きていく上で
何よりも大切なことだ。

本来の自分、魂の本質を、
自分自身が思い出す一歩なのだ。

必要以上に自分を卑しめたり責めたり、
人と比べたり罪悪感を感じる必要はない。

誰かの愛情を求めたり
他人から承認を得るために、
本来の魂を捻じ曲げる必要も一切ない。

自分を偽らず、素直な心で生きれば、
人は"在りのままの光"を放つ。

魂の本質に添った光は、
きっと明るくて力強い。
"命の輝き、尊さが現れる"からだ。


*****


こんな覚書を書いていますが、
現在は元気にしています*˙︶˙*)ノ"
もし不快に感じる方がいらしたら、
ごめんなさい!

# by nonohana69 | 2019-08-16 13:00 | 2019年 | Comments(0)

ある夏の日に

f0378530_10412892.jpg

f0378530_10430709.jpg

f0378530_11520923.jpg


昨日は、叔母といとこに誘われ、国立西洋美術館『松方コレクション』展を観にいきました。
「日本の人々のために美術館を造りたい」と尽力した、松方幸次郎氏のコレクションです。

モネ、ルノワール、ゴッホ、クールベ、ゴーガン、マティス、ロダンなどがありました。
中でも、モネ『睡蓮』『積みわら』『雪のアルジャントゥイユ』『芍薬の花園』が素敵です♡

また、"幻の睡蓮"といわれる、修復後初公開の『睡蓮、柳の反映』も展示されていました。
ゴッホの『ばら』、クールベの『波』、藤田嗣治の『自画像』なども、印象に残りました。

いとこが予約した、伊勢山ヒルズのイタリアンレストランでディナーをいただきました。
今年も忙しい夏を過ごしていますが、また一つ楽しい思い出が増えました*˙︶˙*)ノ"

# by nonohana69 | 2019-08-10 12:00 | 2019年 | Comments(0)